5月14日21時に解禁されたPassCodeの3rdシングル「Ray」MV。

メジャーコードの進行かつストレートな進行、そしてキャッチーなメロディーのいわゆる「売れ線」な楽曲に仕上がっています。歌詞も明るく前向きです。

ですが、、

ちょっと気になる点があるんですよね。いや、個人的にはかなり。

なぜ今田夢菜さんだけが、鏡を持ったカットがないんでしょう?

「ちゆな脱退」や解散といった噂も一部とはいえ以前からある中、どんな可能性があるのか考えてみました。

あ、決してネガティブな記事ではないので、誤解なきようお願いします。

PassCode-3rdシングル「Ray」MV

2018年5月23日発売される今回のシングルは、2つのタイアップ。日本テレビ系"バズリズム02"の5月度エンディング・テーマ、そして、TOKYO MXアニメ「TO BE HEROINE(トゥ・ビー・ヒロイン)」のオープニングテーマに採用されています。

ネットにあったファンのコメントによると、歌詞の内容的に事前にこのアニメタイアップのオファーがあったとも思えるようにリンクしているそうですね。

気になる方は「TO BE HEROINE(トゥ・ビー・ヒロイン)」もチェックしてみましょう。

ちなみに今回の「Ray」のMVは、解禁日にYouTubeの急上昇ランキングにも登場しています。

以前のランキングはわかりませんが、12位ということは確実にランクアップしてるんでしょうね。4thシングル発売の際には、さらなる飛躍を期待しています。(かなり気が早いですけど笑)

なぜ今田夢菜だけが鏡を持たないのか

PassCode【Ray】MV〜なぜ今田夢菜だけ鏡を持たない?消えない脱退の不安2

「Ray」のMVは非常にシンプルな映像に仕上がっています。

1stシングル「MISS UNLIMITED」もダンスパフォーマンスがメインの比較的シンプルな構成だと思いますが、ファミコンのような8bitゲームの画面やメンバーそれぞれが横になる(上から撮っている)別カットがありました。今回のRayはリップシーンがあるものの、そういった別カットがない分、さらにシンプルにダンスパフォーマンスを押し出した印象を受けます。

1stアルバム「ZENITH」の初回限定盤DVDに、「ONE STEP BEYOND」のDance Shot Only ver.なるMVの別バージョンが収録されていましたが、それに近い印象ですね。

https://loud-idol.net/passcode/33/
 

そうしたMVカットの構成の中、メンバーが鏡を持ったカットがあります。メンバー達が1人ずつ、割れた鏡の欠片をカメラに向けてかざすようなカットです。

1人ずつのカットなので、全員分あるはずじゃないですか。一般的にというか普通に、というか当然として。

にも関わらず、今田夢菜さんのカットだけがないんですよね。

どんな意図があるとしたら、この説明が着くのでしょう?

今田夢菜はシャウト・デスボイス担当だから?

今田夢菜さんがシャウトやデスボイスを担当しているとしても、これだけでは説明はつかない気がします。

曲の後半、いわゆる「落ちサビ」では、ソロで歌唱する歌割りがありますし、鏡の欠片を持つカットがない理由にはなりません。

今田夢菜は身長が低いから?

いや、さらに関係ないですよね。すみません(汗)

今田夢菜さんのニックネーム「ちゆな」が、「小さいゆな」が由来であるのはファンには周知のこと。身長の可能性も上げてみましたが、全く理由にはならないです。

今回公開されたMVは、シングルの初回限定盤付属DVDに収録される東京・TSUTAYA O-EAST公演のライブ映像や、メジャーデビュー曲「MISS UNLIMITED」のMVを手がけた映像制作会社isai Inc.の池田圭が監督を務めた。
出典:natalie.mu/music/news/282123

結局のところ、池田圭監督やisai Inc.の方、ユニバーサルや事務所の方に聴かないことには理由はわからないですよね。

4人中なぜ1人だけ。

非常に気になるところです。

今田夢菜脱退や解散の噂について

もちろん縁起でもない話なのですが、今田夢菜さん脱退や解散という噂は以前からあります。僕がPassCodeを聴きはじめた2017年夏の時点で、すでにありましたからね。

アイドルという短期的な勝負が宿命づけられている以上、どんな順調なグループでもある噂話なのかもしれません。

特に今田夢菜さんの場合、持病の手術による休業期間や、復帰後の今もパフォーマンスが完全に戻りきらないということがあります。

誰か1人でも脱退することになればPassCode自体解散となる可能性が高いとも言われていますし、ましてやPassCodeのアイデンティティ、他のグループとの差別化のかなめとも言えるデスボイスを担う今田夢菜さんに関わることです。

ファンからは心配の声が絶えない状況ですし、いろんな憶測が飛び交うことも仕方のないことなのかもしれませんが、「振り返ってみたらただの杞憂だった」となってほしいと願うばかりです。

今回のまとめ

2018年は、リリースラッシュになるという宣言もあって、PassCodeにとって重要な年です。

夏の東名阪の対バンツアー【VERSUS PASSCODE 2018】や、サマソニ出演を経て、秋には韓国・台湾を含むアジアツアーがはじまります。
 

「what can i do the brand new world」
 

ヒアリングに自身がありませんが、2回目のサビ前で今田夢菜さんがこうシャウトしていますよね。(という気がします)

ブランニューワールドを見せてくれることに期待が高まります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterも見てね!

おすすめの記事