2018年5月23日発売されたPassCodeメジャー3rdシングル「Ray」。

日本テレビ系"バズリズム02"の5月度エンディング・テーマ、そしてTOKYO MXアニメ「TO BE HEROINE(トゥ・ビー・ヒロイン)」のオープニングテーマのWタイアップということもあって、テレビで聴ける機会はこれまで以上にありますよね。

ハッカー(PassCodeファンの総称)からは、売れ線狙いのつまらない曲、普通すぎる曲といった意見もあるようですが、実際のところどうなんでしょう?

個人的な感想や、運営陣のこれからの戦略などを想像してまとめてみました。

PassCode-3rdシングル「Ray」MV

切れのあるダンスパフォーマンスが全面に押し出された映像になっており、シンプルながら見応え充分。

リリースイベントの一環として生出演した無料ネット配信「LINEライブ」で、メンバー今田夢菜さんが「Rayの振り付けで難しいところは?」というMCからの質問に対し、「特になかった」と淡々と答える一幕がありました。

すかさず「できる子かよww」「ちゆなダンス上手だからー」といった、ファンからのコメントが多数流れていましたね。

「Ray」が売れ線狙いのつまらない曲なんだろうか

つまらない曲、普通の曲という意見が聴こえてくる理由もわからなくはないです。

そうした感想がネットで複数見受けられたので、個人的にそう感じる理由として以下に3つ挙げてみました。

「Ray」が普通の曲といわれる理由

  • 今田夢菜のデスボイスソロがない
  • 曲の1コーラスと2コーラスの進行が同じ
  • 極端な転調がない

想像と個人的に多少なりとも感じた内容となりますが、こんな感じでしょうか。

一つずつかんたんに解説してみますね。

今田夢菜のデスボイスソロがない

ほとんどの楽曲で、デスボイスを担当する今田夢菜さんのソロパートがあります。中には2ndシングル「bite the bullet」のような、どアタマから怒涛のデスボイスをぶちかます楽曲や、曲中に複数回のソロパートがある楽曲も多数ありますよね。

そうした楽曲と比較すると、今回のRayはかなり控えめな印象は否めません。

2回のBメロでデスボイスが聴けるとはいえ、歌メロがしっかりあっての裏メロ的存在、もしくは「合いの手」的とも取れる位置づけですからね。

今田夢菜のデスボイスファンとしては、物足りなさを感じてしまう理由としては、十分すぎるものでしょう。

曲の1コーラスと2コーラスの進行が同じ

曲の1コーラスと2コーラスの進行が同じという点も大きいです。PassCodeの楽曲の特徴の一つとして、展開、進行の面白さがあります。

常に比較される兄貴的バンド「Fear, and Loathing in Las Vegas」と同様、別の楽曲がメドレーで繋がっているような、ジェットコースターに乗っているような、予想できない曲展開がとても魅力的です。

Rayはそういったギミックが一切なく、1コーラス2コーラスと単純に繰り返し、ギター・ソロの後にDメロがあり、大サビで終わるという至ってPOPSの王道的な構成となっています。

1st「miss unlimited」、2nd「bite the bullet」とシングル表題曲でも変化球を投げ続けてきたPasscodeの楽曲としては確かに意外さを感じます。

極端な転調がない

2つ目の進行についての点と重なる部分がありますが、極端な転調によってガラッと曲の雰囲気を変えてくるところが好きなファンも多いはず。

各パートごと毎回のように転調されるのは、聴いてきてシンドイ部分があるものの、やはり刺激的なものです。特にライブとなるとアドレナリン爆発といった具合に。

Rayにはさり気ない転調があるように聴こえるものの、注意深く聴いていないと気づかずにスルーしてしまいますし、「え?今の何??」といった衝撃は皆無。

スルッと曲のエンディングに到着するところが、物足りなさを感じさせる要因になっているように思われます。

PassCode「Ray」個人的感想としては大正解


 

物足りない曲、つまらない曲といったネガティブ寄りに考察してきましたが、結論としては大正解だと思っています。

挙げた理由は個人的にも感じるものであって、これまでの楽曲と比較するとそうした面はありますよね。

ただ。ただですよ。

タイアップの関係や、これから大きくなっていくために広く浅い層を取り込んでいく必要性を考えた際に、「わかりやすいキャッチーさ、ストレートさ」のある楽曲は絶対に必要です。疾走感のある曲調やメロディー、明るく前向きな歌詞は多くの人にアプローチできますからね。

冒頭でも書いた通り、テレビの地上波に多く流れる以上、わかりやすいキャッチーさは必須項目と言えますし、そうした戦略あっての選曲だと思いますね。

そして、初回限定盤収録のカップリング曲「TRICKSTER」、通常盤収録の「UNTILL THE DAWN」はこれまで通りのゴリゴリさです。爽やかでストレートなロックチューンから興味を持って買ってもらい、カップリングで真の姿を見せるようにしているのかもしれません。

もしくは、Rayにフラストレーションを感じた既存のハッカーが、そちらで発散できるよう、発売にあたっての選曲をしてくれているのかも(笑)

今回のまとめ

Rayは、普通の曲でもつまらない曲でもなく、とても良い曲です。

純粋に好きですし、僕はすでに100回は聴いてますよ。(iTuneで回数見えますよね)

これからさらに多くのファンを獲得し、更に大きなグループになっていくための、ターニングポイント的な楽曲になると思っています。

そう信じて応援してきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterも見てね!

おすすめの記事