https://passcode-official.com

どうも、ラウドるマンです。

2019年4月から始まる「PassCode Zepp Tour 2019」に先立って、ハッカーの間ではリリースされるのかされないのかが話題になっていた2ndメジャーアルバム「CLARITY」。

やはりというか、遂にというかリリースされることが発表になった。発売日が4月3日だから、1ヶ月と間がないわけだが、これからどう盛り上げていくのか運営やユニバーサルの手腕の見せ所というところだろうか。

事実上Zeppツアーがアルバムを冠したものとなる以上、両方ともコケるわけにはいかないし、当然PassCodeの存続にもかかわらないとも限らないわけだしな。

なんて話は今回はひとまず置いておいて、発表された2ndメジャーアルバム「CLARITY」の収録曲や特典について感想を記しておきます。

PassCode 2ndアルバム【CLARITY】収録曲の感想

発表されたCLARITYの収録曲は、ボーナストラックを含めて全13曲。1stアルバム「ZENITH」が12曲だったので、本編としての曲数は同じとなる。

CLARITY 収録曲

  1. PROJECTION
  2. DIVE INTO THE LIGHT
  3. Ray
  4. 4
  5. Taking you out
  6. THE DAY WITH NOTHING
  7. horoscope
  8. It’s you
  9. In the Rain
  10. TRICKSTER
  11. Tonight
  12. WILL
  13. 一か八か(Bonus Track)

まず感想として意外だったのが、シングル「Ray」のカップリング曲「UNTILL THE DAWN」が収録されなかったこと。もうひとつのカップリング曲である「TRICKSTER」だけにとどめたということかな。

個人的には、「UNTILL THE DAWN」も好きな楽曲で、特に中盤の今田夢菜(ちゆな)のシャウト「Restart!!」からのクリーンボイスがかっこよすぎるのです。

CLARITYというアルバム名ならではの曲の流れ

鮮やかさ、鮮明さという意味の「CLARITY」をアルバム名にした意図は1曲目から顕著だ。

PROJECTION(投影)、DIVE INTO THE LIGHT(光)、Ray(光線)と、3曲目まで同じベクトル上にあるともいえる単語が続く。オープニングの「PROJECTION」からノンストップでスピーディーな展開になるんじゃないかと期待が高まる。

まさかのBABYMETAL「4の歌」を意識?

そして4曲目の「4」

BABYMETAL「4の歌」を知らないはずはないし、多少の意識というか関連付けなんかはあるのかもしれない。もっとも、4曲目のタイトルに「4」や「four」というのは珍しいというほどでもないので、まったく関係のないことだと思うけどね。

いずれにせよ、どんな楽曲なのか楽しみだ。

あとは、シングル「Taking you out」「Tonight」そして2018年末にリリースされたLive CD Album『PassCode 2016-2018 LIVE UNLIMITED』に収録された「It’s you」
が発表済み楽曲のため、7曲が新曲となる。

ちょっと変わった形態での発表だった「It’s you」も、アルバムに正式収録されたためライブでも定番曲となりそうだ。

「Taking you out TONIGHT! Tour 2018」ファイナルのお台場で初披露されたけど、かなり感動的なステージだったからね。これは今後も楽しみ。

そして、7曲も新曲が聴けるのは、かなり嬉しいところ。

映画とドラマのタイアップとなるカバー曲「一か八か」が、ボーナストラック扱いなのも一安心といったところだろうか。PassCodeの楽曲ファンとしては、収録しなくてもいいくらいなんだけど、事情的にそうはいかないのも理解できるので、ギリギリの線でセーフということにしておこうかな。←何様?

まあ、とにかく発売が楽しみということには違いないのです。

初回限定盤のダウンロードコンテンツとは

今回の初回限定盤は新しい試みとして、「ダウンロード・ストリーミングアクセスサイトコンテンツ」なるものがパッケージされる。パッケージといっても、ディスクが1枚追加されるわけではないので、外装上は変わらないのかもしれない。

オフィシャルサイトの情報によると、「ダウンロード・ストリーミングアクセスサイトコンテンツ」の内容は下記。

[初回限定盤「CLARITY」ダウンロード・ストリーミングアクセスサイトコンテンツ] ・Ray [Music Video] ・Ray [Music Video Behind The Scene] ・Tonight [Music Video] ・Taking you out [Music Video] ・Tonight / Taking you out [Music Video Behind The Scene] ほか予定 ダウンロード・ストリーミング期限 : 2019年12月31日(火)23:59まで *作品内容は予告無く変更になることがございます。予めご了承ください。

簡単に言うと、映像コンテンツをネットから期間中ご自由にどうぞということだろう。

めっきり最近CDを購入しないのでわからないのだが、こうした限定コンテンツの提供方法は、もしかするとけっこう主流なのかもしれない。無駄なコストがないし、個人的には大賛成だ。

MVは何度も見ているので、やはり[Music Video Behind The Scene]の内容が気になるところ。

撮影のオフショット的なものになるのかな。

シングル「Tonight / Taking you out」の初回限定盤DVDに収録されたドキュメンタリー映像『PassCode Documentary film 2018 HELL DRIVE』という「茶番ドキュメンタリー」も面白かったので、ああいったテイストのものでもアリだと思う。

↓このトレーラーを見た時は、大真面目のドキュメンタリーと思ったのにね(笑)マーティーフリードマンも映ってたし。

[Music Video Behind The Scene]というのだから、おそらくは撮影のオフショット的なものになるのかな。

どういったものになっているのかは、見てのお楽しみといったところだね。

衣装やロゴに見られる方向性

ハッカーの間ではめちゃくちゃ不評な(笑)、2019年からの新衣装・通称「銀衣装」。

なんとなくPerfume的でもあるこの衣装は、今後の楽曲やプロモーションの方向性を示唆したものなのかもしれない。勝手な憶測だけど。

これまでの黒を貴重とした衣装は、ヘヴィーロック、ラウドロックにかなりマッチしていたけど、このピカピカの銀衣装はちょっと違う気がする。

アルバム・タイトル「CLARITY」から「Ray」や「It’s you」などのよりメジャー感のある楽曲で売っていく可能性は十分あると思う。初めて使われるこの丸めの筆記体も、すごくポップだし。

最初、「Pass Cafe」って見えた人は私だけじゃないだろう(笑)

今回のまとめ

感想というか想像であれこれ書いてみたけど、どうだっただろう。あなたの考えと一致する部分はあっただろうか?

リリースされた後は、改めてレビュー記事でも書こうと思う。

初披露の連続となるZeppツアーも、非常に楽しみだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterも見てね!

おすすめの記事